個人会員Q. 専門社会調査士の資格を持っていませんが、申請可能ですか?

本協会では、正会員について、「専門社会調査士またはそれと同等と認められる個人」と規定しております。専門社会調査士の資格をお持ちでない申請者の方には、それと同等であることをお示しいただく資料として「略歴」および、社会調査に関連する「主な研究業績のリスト」(10本程度)を、別紙にてA41枚程度にまとめたものを申請時に別紙資料として添付していただくようお願いしています。
準会員の場合は、とくに資格要件を設けておりません。

個人会員・教育組織会員Q. 年度が切り替わるタイミングはいつですか?

毎年4月1日です。会費の納入は、入会を希望される年度分からとなります。
4月からの入会を希望される場合、なるべく3月中に入会をお申込みください。

教育組織会員Q. 「教育組織」の単位は、学部? 学科?

教育組織会員における「教育組織」の単位は、原則として「現在、社会調査士資格認定制度に参加していて、一人の連絡責任者が窓口となっている学部・研究科・学科・専攻・研究室・コース等の教育組織です。

Q. 「組織を代表する個人」とは、学部であれば学部長、大学であれば学長のような立場の人間でしょうか?

連絡責任者のお名前をお書きください。
連絡責任者がいない教育組織の場合は、教育現場に携わる教員で、社会調査協会の会員として貴組織を代表する個人(1名)を選んでください。

Q. 6月の見込み資格申請から手数料減額制度の適用を受けることを希望している場合、いつまでに入会申請を行えばよいですか?

その年の3月31日までに、入会申込書をご提出ください。
なお、見込申請審査手数料減額制度は、入会承認後、自動的に適用されます。

Q. 「組織を代表する個人」は、今後、変わる可能性がありますが…

変更となった場合、その都度、事務局までご連絡ください。

Q. 学部・学科の事務担当部署のなかで、この件に関する担当者はとくに決まっていません。

決まっていない場合は、ご記入いただかなくてかまいません。