教育組織会員案内

教育組織会員について

社会調査協会の目的に賛同し、大学等において社会調査教育に携わっている学部・研究科・学科・専攻・研究室・コース等の教育組織は、入会申込書を提出していただくことによって教育組織会員となることができます。

教育組織会員の会費

教育組織会員の年会費は50,000円です。

教育組織会員の特典

教育組織会員に対しては、他の会員と同様に以下のサービスが受けられます。

  1. 機関誌『社会と調査』の配布
  2. 協会の主催するセミナー・講演会等の参加費の割引
  3. その他、協会が会員に対して行う各種サービス

◎そのほか、教育組織会員の機関(学科等)は、所属する学生が社会調査士(キャンディデイト)に申請する際、それぞれの学生につきその手数料が減額されます。通常の申請手数料16,200円が14,000円になります。

◎また、教育組織会員は個人正会員と同様に代議員選挙における選挙権を有します。ただし、被選挙権はありません。

教育組織会員として入会を希望される機関(学科等)は、協会ホームページの「入会方法」のページから教育組織会員用入会申込書をダウンロードしてご記入の上、所定の協会アドレス宛メールに添付してお申し込みください。

教育組織会員の機関に属している学生による社会調査士(キャンディデイト)への資格申請

社会調査士(キャンディデイト)の資格申請にあたっては、教育組織会員である機関(学科等)の連絡責任者には、社会調査協会から記載する事項をあらかじめ印刷した専用の払込取扱票を送付しますので、所属する学生はこの専用の払込取扱票を用いて郵便局から振り込みをしてください。(氏名のほか、大学名、学籍番号も必ず記入してください。)

上記の払込取扱票紙をご使用の場合に限り、減額が適用されますので、予めご了承ください。また、通常の申請手数料である16,200円を払い込まれた場合、原則として差額分の返却はできませんので、ご注意ください。なお、この減額制度が適用されるためには、連絡責任者の所蔵する機関(学科等)が教育組織会員に入会している必要があります。

第1回申請受付(6月~)から適用を希望される場合には、当該年の3月31日までに、
第2回申請受付(10月~)から適用を希望される場合には、当該年の7月31日までに、
教育組織会員としての入会申請をおすませください。