『社会と調査』(最新号)

特集

エビデンス・ベースド・ポリシーと教育調査

一般社団法人社会調査協会では、機関誌『社会と調査』を発行しています

『社会と調査』の投稿締め切りは、2月末と8月末です。
『社会と調査』の投稿規定はこちら

社会と調査のご購入は、書店・Amazonで。
また、こちら(京都通信社)でもご注文になれます(バックナンバーも購入可能)。
※社会調査協会では、販売しておりません。

巻 頭 言

教育政策と社会調査
社会調査協会 理事 塚原修一

特集:エビデンス・ベースド・ポリシーと教育調査

論文 1. 教育政策・教育実践とエビデンス・ベースド・ポリシー
──教育現場における調査のあり方を考える──

中澤 渉・倉石一郎
論文 2. 政策評価のために必要なデータとは
──「日本子どもパネル調査」の経験から──

赤林英夫
論文 3. エビデンスの広がりと問われる教育政策
──社会情緒的スキルの教育と調査をめぐる欧米の動向から──

卯月由佳
論文 4. 文部科学省の全国学力・学習状況調査の意義と問題点
川口俊明
論文 5. 「エビデンスに基づく教育」への質的研究の立場からの批判的検討
──課題と可能性──

酒井 朗
論文 6. エビデンス・ベースド・アカウンタビリティの批判的再構築はいかにして可能か
澤田 稔

Refereed Paper

センシティブな話題に挑むインターネット調査
──PTA 問題を事例として──
森村繁晴

Research Report

商店街活動のフィールドワーク
──大阪・新世界での事例研究から──
八木寛之

調査の現場から

報道目的の企業調査の現状と課題
堀江晶子

調査実習の事例報告

社会調査実習におけるグループ実習の有効性
有馬明恵
社会調査教育における混合研究法の可能性
──東京大学社会学研究室の社会調査実習── 

祐成保志・三浦倫平

働く社会調査士

社会福祉士に必要な社会調査能力
孔 英珠
市民とのかかわりが社会調査につながる
有元渓佳

Commentary

回帰不連続デザインによる実証分析
直井道生

Column 調査の達人

オスカー・ルイス
──開かれたフィールドワークへ── 

小林多寿子
中野 卓
──『口述の生活史』(1977年)の衝撃── 

有末 賢

Column 世界の調査/日本の調査

デトロイト・エリア・スタディー
相田真彦
日本語の大規模な定点・経年調査
──鶴岡共通語化調査と岡崎敬語調査── 

杉戸清樹

Column 社会調査のあれこれ

継続, 継続, 継続調査
中村 隆
アーヴィング・ゴフマンと社会調査
中河伸俊

私の3冊

地域自給経済圏の再構築と社会調査
岩木秀夫

著者が語る社会調査テキスト

『ガイドブック社会調査』
森岡清志

書 評

吉村治正編『社会調査における非標本誤差』
氏家豊
齋藤直子『結婚差別の社会学』
内田龍史
原 純輔『社会調査──しくみと考えかた』
吉川 徹
ジョン・ルーリ ,シェリー・ヒル 著『黒人ハイスクールの歴史社会学
──アフリカ系アメリカ人の闘い1940-1980』──』

松田素二
神林博史『1歩前からはじめる「統計」の読み方・考え方』
都村聞人

岸 政彦・石岡丈昇・丸山里美著『質的社会調査の方法
──他者の合理性の理解社会学』

矢吹康夫